ふたりぼっちの放課後えっち 1話

ふたりぼっちの放課後えっち 1話

1話 生徒会長と屋上でえっち!その1:さらさらであったかい太腿の感触…

 

薊野学園の生徒会長・竜胆はるかは才色兼備な女の子。
性格のキツいはるかは自分に劣る周囲を見下す一方、平凡極まりない生徒会の庶務・山田徹平に密かに思いを寄せていた(素直になれず表向きにはキツく扱ってしまうのだが)。
ある日はるかは地域の生徒会の交流会で男子校を訪れることになり、山田を「くじ引きで選んだ」という名目でボディガードに指名。随伴させる。

 

訪問先の男子校でちやほやされまくりのはるかに、普段彼女に虐げられる山田は面白くない気持ちでいた。
しかし、普段女子と無縁の生徒たちの中には邪心を抱く者もいて、はるかのパンツを盗撮しようとした男子を山田は捕らえる。
守ってくれた山田に頼もしさを感じ、キュンとするはるか。

 

交流会は特にトラブルもなく終了し、放課後の廊下をふたりぼっちで歩くはるかと山田。山田に素直になれないはるかは彼に対して喧嘩腰になってしまう。
盗撮犯から守ったのに邪険に扱われ、山田はやはり面白くないが、はるかもそんな自分自身に苛立ち、その場を駈け出して屋上へと昇る。
その際、追いかけてきた山田に赤いパンツを見られてしまい、落ち込むはるか。
追いついた屋上で励ますために軽くからかってやると、はるかは可愛らしい反応を見せる。
そして、はるかは山田の手を取り、太股へと誘うのだった。

 

>>ふたりぼっちの放課後えっち 2話

 

 

奥森ボウイの漫画はコチラ

コチラから今すぐ読めます

奥森ボウイ


TOP 俺得修学旅行の各話内容 ふたりぼっちの放課後えっち パソコンで読む方法 運営者情報