マンマンちょうだい!1話

マンマンちょうだい!1話

マンマンちょうだい!1話
ハダカの義母穴に…

 

自堕落なニート生活を送っていた主人公・鈴木祐太は父親から再婚することを告げられるが、その相手は高校時代の同級生・笠木芽衣だった。
密かに憧れていたクラスのマドンナが今は義理の母親に。向こうは気づいていないらしかったが、祐太は受け入れることが出来なかった。
トイレに行った際、風呂場で父と芽衣が交わっているのを目撃。部屋に戻ってその光景をオカズにペニスをしごいていたところ、部屋に入ってきた芽衣に見られてしまう。
そのことを詫びた後、芽衣は祐太に言う。

 

「同じクラスだった鈴木くんだよね?」

 

やはり芽衣も気づいてはいた。元同級生と母子に、という状況に戸惑っているのは芽衣も同じで、二人で話をしようと部屋に来たのだ。
しかし祐太は、目の前の彼女がさっきまで父親とSEXしていたのだ、という事実に興奮を抑えきれず、彼女に襲いかかってしまう。
私たち母子なのよ、と制止する芽衣を祐太は性の対象としか見ておらず、「ヤラせろ」の一点張り。
自分の欲望しかない祐太に、芽衣は言うのだった。

 

「人として育ち損なっちゃったんだね」

 

祐太を自分が赤ちゃんから育て直す、と宣言。
大人赤ちゃん=赤さん呼ばわりされた勇太と芽衣の倒錯した母子関係が始まる……。

 

次の話へ

 

 

>>本編はコチラ(特設ページ)

マンマンちょうだい!1話

 

トップへ戻る⇒奥森ボウイ

page top