俺得修学旅行 28話

俺得修学旅行 28話

 

俺得修学旅行 28話
よってたかって弄ばれて(1)

 

「尾形さん、なぜあなたが生徒会の前に立ちはだかるの?仮にも星女が誇る秀才のあなたが・・・。」

 

狐面を被った北条那由華と、ガスマスクを被った尾形保奈美の奇妙なにらみあいが、京都の橋の上で繰り広げられた。

 

「説明しましょう。」
そう言うと尾形は、ガスマスクをはずし北条に笑顔で宣言する。

 

「私は今、リア充なのです!」

 

「は?」

 

「生徒会の陰謀により、ずっと孤立してしまっていた私のことを受け入れてくれる仲間がはじめてこの旅行でできました!!・・・・・・それで、その方がトラブってるみたいだから助けたいというわけですが、何か?」

 

尾形が理由を言い終えると、北条の後ろから声がした。

 

 

 

「うそつき!」
北条生徒会役員の逢坂だ。
「あんたいつも放課後の科学室占拠してヤりたい放題充実してるだろ!!」

 

 

 

・・・様々な言い合いが発生するなか、北条が決断を下した。
「伊賀沙也加、またはその者を不当に比護した5名全員の除籍・退学を・・・要求する!!!」

 

北条は伊賀たちの前を後にした。

 

 

 

「一度だけ!やむを得ません。みなさん、私に薬を使わせてください。」

 

そう言ってでたのは尾形保奈美だった。

 

 

次の話へ

 

 

>>本編はコチラ(コミなび特設ページ)

 

俺得修学旅行 28話


TOP 俺得修学旅行の各話内容 ふたりぼっちの放課後えっち パソコンで読む方法 運営者情報