俺得修学旅行 49話

俺得修学旅行 49話

俺得修学旅行49話

俺得修学旅行 49話
ルナ姉のピンチと『本気汁』(1)

 

富士山との決着がつき、
伊賀は再び旅館の廊下で、首輪をつながれ拘束されていた。

 

(富士山さん・・・ちょっとルナ姉的な話やすさがあったな・・・。あ、そういえば旅館移ってからルナ姉見てないな・・・。)

 

伊賀がそんな事を考えていると、誰かの声がした。

 

「うわっ、マジで狐だ!」

 

「!?ル・・・ルナ姉!」

 

伊賀はよっぽどルナと久しぶりに会えたことがすごくうれしく、仔犬のように飛びつこうとするが・・・

 

「おっと!」

 

ルナがスンでのところで静止させた。

 

「アレを返してもらいに来ただけだ。」

 

「!?」

 

 

 

・・・メリケンサック。

 

ルナと初めてであった時、
伊賀に『男にしてやる』といって渡したソレを、
ルナは伊賀から返してもらった。

 

「コ、コレってまさかケンカ・・・!?」

 

「勇太には関係ない。それと・・・。」

 

用が済むとすぐにルナは伊賀から背を向け、
その場から去っていく。

 

「・・・舎弟ごっこは終わりだ。ま、元気でな。」

 

「えっ!?ちょっと待____」

 

≪ 前に戻る | 俺得修学旅行49話 | 次に進む ≫

 

 

>>本編はコチラ(コミなび特設ページ)

 

俺得修学旅行49話

俺得修学旅行 49話

 

まとめページへ戻る⇒俺得修学旅行

page top